ブロックチェーン技術専門コンサル・開発企業
オンラインサロン ブロックチェーン技術者養成道場

タグ : Solidity

クラウド環境へのイーサリアムの環境構築 Ethereum Studioを使ってみよう

シリーズ最終回の今回は、今までとは視点を変えてEthereumの統合開発環境を取り上げます。 コマンドラインのEthereumの統合開発環境としては、Remixが有名です。また、IntelliJやVisual Studioなどの総合環境もEthereum開発のためのプラグインが提供されています。今回は、Azureのテンプレートとして提供されており、簡単にAzure上に構築できるEthereum Studioを選びました。 まだ、Ethereum Studioの日本語の情報は少ないので、本記事が参考になれば幸いです。

コントラクトコード分析ツールMythrilの使い方・利用方法

今回はSolidityのコードやブロックチェーン上のコントラクトを特にセキュリティの観点から分析するためのツール”Mythril”についての解説です。暗号通貨・ブロックチェーンの世界では、セキュリティは最重要課題のひとつ。Mythrilを活用し、セキュアなコーディングを実現しましょう。

Solidityでセキュアなコードを書く 第3回

「Solidityでセキュアなコードを書く」の第3回、今回は典型的な攻撃について解説します。 競合状態、リエントラントと言った攻撃内容の詳細や注意点、その他いくつか具体例をあげてまとめます。

Solidityでセキュアなコードを書く 第2回

新シリーズ「Solidityでセキュアなコードを書く」の第2回目、今回はassert()とrequire()について解説します。 また、その他書き方や考慮すべきことなど、いくつか注意点についてまとめます。

Solidity向けのセキュリティとlintツールの使い方

先日から始まった「Solidityでセキュアなコードを書く」に関連し、今回はSolidityのテスト、監査用ツールについて解説します。 第1章ではOyente、Solgraphなどのセキュリティツール、第2章ではSolium、SolintなどのLintについて説明します。 ツールの概要、コマンドの実行についてや、エラーがある場合などの事例をご紹介しています。

スマートコントラクト 開発環境まとめ

当サロンでは、Ethereumスマートコントラクト開発に関する記事を多く公開してきました。 それに伴い、今回はSolidity に絞ったTruffle、Remixなど、Etherまわりの開発環境について特徴を解説します。 それぞれの詳細を書いた記事も紹介しています。

Solidityでセキュアなコードを書く 第1回

新シリーズ「Solidityでセキュアなコードを書く」(全3回)を開始します。 Solidityでセキュアなコードの書き方の基礎について解説します。 今回は基本的な考え方についてです。

独自トークンとクラウドセール 第4回

「独自トークンとクラウドセール」の4回目です。シリーズ全体では、Ethereum上で独自トークンを発行しクラウドセールを行うまでを解説します。 前回は、クラウドセールを行うコントラクトの開発とデプロイを行いました。 今回は、セールの開始の操作、トークン購入、セールの終了の操作、トークンの引き出しをスクリーンショット付きで解説しています。

独自トークンとクラウドセール 第3回

「独自トークンとクラウドセール」の3回めです。シリーズ全体では、Ethereum上で独自トークンを発行しクラウドセールを行うまでを解説します。 前回は、トークンを管理するコントラクトを開発してデプロイするところまで進めました。今回は、クラウドセールを行うコントラクトの開発とデプロイを行います。

独自トークンとクラウドセール 第2回

「独自トークンとクラウドセール」の2回めです。シリーズ全体では、Ethereum上で独自トークンを発行しクラウドセールを行うまでを解説します。 今回は、トークンコントラクトを作成し、テストネット上にデプロイするまでをご紹介します。 トピック: Ethereum Wallet, ERC20, Solidity, Rinkebyテストネット, Etherscan

1 2 »
  • facebook
  • twitter

採用情報

現在募集中の職種はこちら
Wantedly での募集一覧は こちら
PAGETOP
Copyright © コンセンサス・ベイス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.