ブロックチェーン技術専門コンサル・開発企業

ブロックチェーン技術の専門企業です。実証実験・開発のお手伝いをしております。

Information

【ナノオプト・メディア様 主催】Blockchain for Enterprise登壇のお知らせ

2018年2月22日に開催されるイベントにて、弊社取締役の白石が「ICO実施前に検討すべきこととは」というタイトルでプレゼンテーションを行います。

仮想通貨・ブロックチェーン企業(日本初)合同企業説明会に出展

2018年2月24日の企業説明会イベントに出展することになりましたので、お知らせいたします。

『CANARY』に弊社代表志茂のインタビュー記事が掲載

DMMオンラインサロンが運営するビジネス&カルチャー メディア「CANARY」に弊社代表の志茂のインタビュー記事が掲載されましたのでお知らせいたします。

【自社イベント開催決定】ブロックチェーン道場連動企画「Devcon3」特集

オンラインサロン「ブロックチェーン技術者養成道場」オフラインイベントの開催が決定しましたのでお知らせいたします。

イベント「THE COIN」に弊社代表の志茂がゲストスピーカーとして登壇

THE BRIDGE様主催のイベント「THE COIN」に弊社代表の志茂が登壇することとなりましたのでお知らせいたします。

オンラインサロン ブロックチェーン技術者養成道場

クラウド環境へのイーサリアムの環境構築 Ethereum Studioを使ってみよう

シリーズ最終回の今回は、今までとは視点を変えてEthereumの統合開発環境を取り上げます。 コマンドラインのEthereumの統合開発環境としては、Remixが有名です。また、IntelliJやVisual Studioなどの総合環境もEthereum開発のためのプラグインが提供されています。今回は、Azureのテンプレートとして提供されており、簡単にAzure上に構築できるEthereum Studioを選びました。 まだ、Ethereum Studioの日本語の情報は少ないので、本記事が参考になれば幸いです。

MAST(Merklized Abstract Syntax Tree)最新動向 第2回 MASTの実装

前回に引き続き、ビットコインのパフォーマンス向上ソリューションであるMASTについて解説します。 本稿ではMASTの実装として、マークルツリーや抽象構文木などの具体的なデータ構造および、代表的なMAST実装の提案について解説します。

コントラクトコード分析ツールMythrilの使い方・利用方法

今回はSolidityのコードやブロックチェーン上のコントラクトを特にセキュリティの観点から分析するためのツール”Mythril”についての解説です。暗号通貨・ブロックチェーンの世界では、セキュリティは最重要課題のひとつ。Mythrilを活用し、セキュアなコーディングを実現しましょう。

MAST最新動向 第1回 MASTの概要

今回は、全2回に渡って、MAST(Merkelized Abstract Syntax Trees)と呼ばれるビットコインのパフォーマンス向上ソリューションについてご紹介します。 第1回では、MASTの概要として、特徴や適用可能性、他のソリューションとの比較や関連性について具体的に触れ、わかりやすく解説します。

IOTAの基礎知識 第2回

IOTAの基礎知識第2回です。第1回では、IOTAの構成や運用における懸念点を説明し、開発に用いる環境のセットアップについて解説しました。 今回は、IOTAの実装のために提供されているAPIを用いたプログラムに関する解説を行います。APIの導入、プログラムの実行の手順と、その具体例をコードを交えわかりやすく解説します。

  • facebook
  • twitter

採用情報

現在募集中の職種はこちら
Wantedly での募集一覧は こちら
PAGETOP
Copyright © コンセンサス・ベイス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.