CBNode Logo

CBNode Ethereumの高信頼性APIサービス

CBNodeは、Ethereumの開発・運用向けに、信頼性の高いAPIエンドポイントを提供するサービスです。他社や弊社のフルノードのAPIレスポンスを比較し返すことで高い可用性、信頼性を実現しています。

CBNodeのサービスイメージ

開発者や運用者は、接続先となるエンドポイントのアドレスをCBNodeに切り替えるだけで、Truffleなどの開発ツールもそのまま利用可能となります。

CBNodeでできること

可用性の向上
  • 複数のノードホスティングサービスを組み合わせて使うことで、1つのホスティングサービスの応答がなくても、他のサービスが正常であればサービスを継続可能。
開発スピードの向上
  • コンセンサス・ベイスのノードを使うことで、同期済みのフルノードを即時で利用でき、開発のための環境準備期間を大幅に短縮可能。ノードを保守運用するコストも削減。
サービス品質(応答速度、確実性)の向上
  • 他社とコンセンサス・ベイス、両方のノードホスティングを組み合わせて使うことで、最も応答の速い結果を使う、複数の問い合わせ結果が等しいかチェックするなど、様々なサービス品質向上の機能を提供。

CBNodeを使う理由

早い
  • 何週間もかかるノードの同期が不要。
低い管理コスト
  • ノード管理のコストが不要。クライアントの不具合やアップグレード対応工数、API信頼向上のための開発工数、ノード管理工数の低減が可能。
可用性の向上
  • 特定のノードホスティングサービスへの依存を低下(Infura.ioが一時的に停止したとしてもサービスを継続)
APIレスポンス・データの信頼性の向上
  • 複数のAPIが同じレスポンスを返した時のみ実行することが可能。
非中央集権化
  • 特定のAPIを信頼しなくて良い。
地理的分散化(今後対応予定)
  • 日本だけでなく、アメリカ大陸、ヨーロッパなど世界各国のノードでの最新レスポンスを得られる(分断攻撃やネットワーク上のデータ不整合による問題を解決)
クライアントバージョン選択(今後対応予定)
  • 特定クライアントの特定バージョンのバグ発生時に即座に安定バージョンにスイッチしてサービスを継続可能。

CBNodeをご利用いただくまでの流れ

  1. ご利用の希望受付(目的やどのような構成にしたいかのヒアリングを行います)
  2. Infura.ioなどへの接続情報を頂き、弊社側にて手動で設定
  3. 設定終了後にエンドポイントのIPアドレスをお伝え
  4. ご利用開始

弊社サービスに関するお問い合わせ先

コンセンサス・ベイス株式会社 広報
*ページ画面右下の「サポート」よりお問い合わせください。