ブロックチェーン技術専門コンサル・開発企業
オンラインサロン ブロックチェーン技術者養成道場

タグ : Ethereum技術者養成

クラウド環境へのイーサリアムの環境構築 Ethereum Studioを使ってみよう

シリーズ最終回の今回は、今までとは視点を変えてEthereumの統合開発環境を取り上げます。 コマンドラインのEthereumの統合開発環境としては、Remixが有名です。また、IntelliJやVisual Studioなどの総合環境もEthereum開発のためのプラグインが提供されています。今回は、Azureのテンプレートとして提供されており、簡単にAzure上に構築できるEthereum Studioを選びました。 まだ、Ethereum Studioの日本語の情報は少ないので、本記事が参考になれば幸いです。

コントラクトコード分析ツールMythrilの使い方・利用方法

今回はSolidityのコードやブロックチェーン上のコントラクトを特にセキュリティの観点から分析するためのツール”Mythril”についての解説です。暗号通貨・ブロックチェーンの世界では、セキュリティは最重要課題のひとつ。Mythrilを活用し、セキュアなコーディングを実現しましょう。

INFURAを用いた パブリックネットワークへの スマートコントラクトのデプロイ

今回は、Ethreumネットワークに簡単に接続できるINFURAを用いてスマートコントラクトを開発する方法を解説します。 INFURAの概要から始まり、開発のための準備、実際にテストネットへのコントラクトのデプロイの流れを実際の画面やコードを使ってわかりやすくご紹介します。

クラウド環境へのイーサリアムの環境構築 第4回 GCPを用いたEthereum環境の構築

新シリーズ「クラウド環境へのイーサリアムの環境構築」第4回は、GCP(Google Cloud Platform)環境にてUbuntuのインスタンスを構築し、 Gethをインストールの上テストネットワークに接続する流れを解説します。 クラウド環境に構築する上での注意点を中心に説明しています。 GCPのご紹介とGCPでのインスタンス構築の具体的な流れと手順や、テストネットワークへの接続など、実際に構築した画面を掲載し、わかりやすく紹介します。

クラウド環境へのイーサリアムの環境構築 第3回 AWSでのParityを用いたEthereum環境の構築

本コンテンツでは、Ethereum技術者として活躍するための技術習得方法についてまとめます。最終的に、Solidityでのプログラミングができるようになることを目指します。 今回は、AWS環境にてUbuntuのインスタンスを構築し、Parityをインストールしテストネットワークに接続することを考えていきます。クラウド環境に構築する上での注意点を中心に記載します。 AWSに構築したUbuntuではWebブラウザを起動することはできないため、リモート接続という技を使って、ParityのUI画面インタフェースを使うことを考えます。

クラウド環境へのイーサリアムの環境構築 第2回 Microsoft Azureを用いたEthereum環境の構築

新シリーズ「クラウド環境へのイーサリアムの環境構築」第2回は、実際にMicrosoft Azure(BaaS)を用いたマルチノードのブロックチェーン環境の構築について解説します。 環境構築の具体的な流れと手順について、実際に構築した画面を掲載し、わかりやすく紹介します。

クラウド環境へのイーサリアムの環境構築 第1回 各クラウド環境の比較

新シリーズ「クラウド環境へのイーサリアムの環境構築」(全5回)を開始します。 クラウド環境とブロックチェーンの技術動向について解説し、今後、各サービス上へのブロックチェーン環境構築、Azureで提供されているテンプレートの1つ、Ethereum Studioを用いた開発などを紹介していきます。 今回は、概略的に各社のクラウドサービスがブロックチェーン技術をどう捉えているかについて簡潔にまとめます。

Ethereum技術者養成企画 第10回 Dockerの開発環境構築編

今回は、Ethereum開発者用のDockerの開発環境構築について解説します。 開発環境をDockerで作成し、gethがない環境でもプライベートネットワークを手軽に立てることができるようになります。 Docker image作成者、利用者側の必須環境から配布用ファイルの作成の流れをご紹介し、他の利用者側の操作についても触れています。

Ethereum技術者養成企画 第9回 MetaMask編

今回はTruffle第2回、Google Chromeの拡張機能「MetaMask」の使用方法について解説します。Metamaskは秘密鍵の管理やトランザクションを容易にするもので、開発を助けるものになります。testrpcの導入については前回記事を参考に、イーサの送付までをまとめます。

Ethereum技術者養成企画 第8回 Web3.jsについて(4)

Ethereumでの技術者養成としてweb3.jsのご紹介の4回目。 今回はweb3.jsについて、subscribeやevent、utilityなどを取り上げます。utility関数の中では、randomHexとsoliditySha3について触れています。

1 2 »
  • facebook
  • twitter

採用情報

現在募集中の職種はこちら
Wantedly での募集一覧は こちら
PAGETOP
Copyright © コンセンサス・ベイス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.