【最新技術動向】2018年2月13日公開

 

今回は、全2回に渡って、MAST(Merkelized Abstract Syntax Trees)と呼ばれるビットコインのパフォーマンス向上ソリューションについてご紹介します。

第1回では、MASTの概要として、特徴や適用可能性、他のソリューションとの比較や関連性について具体的に触れ、わかりやすく解説します。

はじめに

本記事は、全2回に渡って、MAST(Merkelized Abstract Syntax Trees)と呼ばれるビットコインのパフォーマンス向上ソリューションについて解説します。

第1回では、MASTの概要として、特徴や適用可能性、他のソリューションとの比較や関連性について解説します。

第2回では、MASTの実装として、具体的なデータ構造、および、代表的なMAST実装の提案について解説します。

前提知識として、ビットコインのブロックチェーンの仕組みやスケーラビリティ問題についての理解があると望ましいです。

記事の続きをお読みになりたい方は、下記よりお申し込みください。

参加お申し込み・詳細
DMMオンラインサロン【即戦力!ブロックチェーン技術者養成道場】
https://lounge.dmm.com/detail/469/