【最新技術動向】2017年9月19日公開

 

今回は、Ethereumの技術動向として、Solidityのエラーハンドリング方式の変更についてご紹介します。

はじめに

2017年7月6日にSolidity 0.4.13 がリリースされました。このバージョン以降では、例外を投げるために throw を用いることは非推奨になり、将来的には廃止されることになりました。

代わりに require(), assert(), revert() という関数が用意され、それらを使い分けることが推奨されています。

これにより、将来Ethereumがバージョンアップされると、例外発生時に例外の意図を明確にでき、未使用Gasの取り扱いを細かく指定できるようなります。

以下では、それぞれの関数をどのような場面で使うべきかを紹介します。

記事の続きをお読みになりたい方は、下記よりお申し込みください。

参加お申し込み・詳細
DMMオンラインサロン【即戦力!ブロックチェーン技術者養成道場】
https://lounge.dmm.com/detail/469/