【Ethereum実装編】2018年1月25日公開

 

新シリーズ「クラウド環境へのイーサリアムの環境構築」第4回は、GCP(Google Cloud Platform)環境にてUbuntuのインスタンスを構築し、

Gethをインストールの上テストネットワークに接続する流れを解説します。 クラウド環境に構築する上での注意点を中心に説明しています。

GCPのご紹介とGCPでのインスタンス構築の具体的な流れと手順や、テストネットワークへの接続など、実際に構築した画面を掲載し、わかりやすく紹介します。

はじめに

本コンテンツでは、Ethereum技術者として活躍するための技術習得方法についてまとめます。最終的に、Solidityでのプログラミングができるようになることを目指します。

今回は、GCP(Google Cloud Platform)環境にてUbuntuのインスタンスを構築し、Gethをインストールしテストネットワークに接続することを考えていきます。

クラウド環境に構築する上での注意点を中心に記載します。Gethのインストール方法等はすでにご存じの方がたくさんいるかもしれません。GCPの場合のポイントを中心に書こうと思います。

また、すでにGethを使ったEthereum環境構築をご存じの方は、復習だとお考えください。

記事の続きをお読みになりたい方は、下記よりお申し込みください。

参加お申し込み・詳細
DMMオンラインサロン【即戦力!ブロックチェーン技術者養成道場】
https://lounge.dmm.com/detail/469/