【Ethereum実装編】2017年12月26日公開

 

新シリーズ「クラウド環境へのイーサリアムの環境構築」第2回は、実際にMicrosoft Azure(BaaS)を用いたマルチノードのブロックチェーン環境の構築について解説します。
環境構築の具体的な流れと手順について、実際に構築した画面を掲載し、わかりやすく紹介します。

はじめに

「ブロックチェーン技術とクラウド環境」の第1回目では、Micorosoft Azure(BaaS)を用いると簡単にブロックチェーン環境が構築できることを紹介しました。

今回は、実際にMicrosoft Azure(BaaS)を用いてマルチノードのブロックチェーン環境を簡単に構築します。

今回のAzureでもコマンドラインを用いて構築することができますが、コマンドラインでの構築の方法は次回のAWSを用いた環境構築で記載する予定です。

記事の続きをお読みになりたい方は、下記よりお申し込みください。

参加お申し込み・詳細
DMMオンラインサロン【即戦力!ブロックチェーン技術者養成道場】
https://lounge.dmm.com/detail/469/