【最新技術動向】2018年1月9日公開

 

Ethereumは2015年のリリース当初より、直近で2017年10月までフェーズを4段階に分けて開発を進めてきており、Microsoftなどの大企業との連携も話題になりました。

今回お話するハードフォークとは、互換性の無いアップデートのことです。 EthereumはBitcoin等とは違ってハードフォークを積極的に採用しています。

今回は、Ethereumの技術動向として、ハードフォークの歴史とそれぞれの特徴について説明します。

はじめに

今回の内容

 Ethereumは2015年のリリース当初から、開発フェーズを1.Frontier、2.Homestead、3.Metropolis、4.Serenityの4段階に分けるというロードマップを描いており、スマートコントラクトという画期的な機能が注目され、Microsoftなどの大企業との連携も話題になりました。

 今回お話するハードフォークとは、互換性の無いアップデートのことです。ハードフォークが行われると今までのブロックチェーンから互換性の無いブロックチェーンに分岐して別のブロックチェーンができあがります。EthereumはBitcoin等とは違ってハードフォークを積極的に採用しています。以下、ハードフォークの歴史と特徴をまとめます。

記事の続きをお読みになりたい方は、下記よりお申し込みください。

参加お申し込み・詳細
DMMオンラインサロン【即戦力!ブロックチェーン技術者養成道場】
https://lounge.dmm.com/detail/469/