コンセンサス・ベイス http://test.cbase.info ブロックチェーン技術専門コンサル・開発企業 Fri, 16 Feb 2018 11:22:21 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.9.4 http://www.consensus-base.com/wp-content/uploads/2017/02/cropped-LOGO-SQ-32x32.png コンセンサス・ベイス http://test.cbase.info 32 32 コントラクトコード分析ツールMythrilの使い方・利用方法 http://www.consensus-base.com/salon/dojo-etherium-mythril-20180215/ Thu, 15 Feb 2018 03:00:34 +0000 http://www.consensus-base.com/?p=2368 Ethereum実装編】2018年2月15日公開

はじめに

Mythrilとは、Solidityのコードやブロックチェーン上のコントラクトをセキュリティ的に分析するツールです。

本稿では、単にMythrilの使い方のみならず、危険なコードを分析した時の結果やコントラクトの実行順序の可視化にも触れます。

実際にMythrilの開発実行環境構築から、セキュリティ分析、コントラクト探索・可視化などの詳細機能まで、実際のコマンドや実行結果の例を交えながら説明していきます。

トピックス

  • Mythrilの環境構築
  • Mythrilを用いたセキュリティ分析手法

  • コントラクト実行順序グラフを可視化する

  • ブロックチェーン上でのコントラクト探索

ゴール

 Mythrilを使って、Ethereumのセキュリティ分析ができるようになります。

ターゲット

 Ethereumやセキュリティ分析に興味がある方を対象としています。

本文はオンラインサロン「ブロックチェーン技術者養成道場」の会員限定公開となっております。

記事の続きをお読みになりたい方は、下記リンクよりサロンにお申し込みください。

参加お申し込み・詳細
DMMオンラインサロン【即戦力!ブロックチェーン技術者養成道場】
https://lounge.dmm.com/detail/469/

]]>
MAST最新動向 第1回 MASTの概要 http://www.consensus-base.com/salon/dojo-mast-20180213/ Tue, 13 Feb 2018 04:42:38 +0000 http://www.consensus-base.com/?p=2365 【最新技術動向】2018年2月13日公開

 

今回は、全2回に渡って、MAST(Merkelized Abstract Syntax Trees)と呼ばれるビットコインのパフォーマンス向上ソリューションについてご紹介します。

第1回では、MASTの概要として、特徴や適用可能性、他のソリューションとの比較や関連性について具体的に触れ、わかりやすく解説します。

はじめに

本記事は、全2回に渡って、MAST(Merkelized Abstract Syntax Trees)と呼ばれるビットコインのパフォーマンス向上ソリューションについて解説します。

第1回では、MASTの概要として、特徴や適用可能性、他のソリューションとの比較や関連性について解説します。

第2回では、MASTの実装として、具体的なデータ構造、および、代表的なMAST実装の提案について解説します。

前提知識として、ビットコインのブロックチェーンの仕組みやスケーラビリティ問題についての理解があると望ましいです。

記事の続きをお読みになりたい方は、下記よりお申し込みください。

参加お申し込み・詳細
DMMオンラインサロン【即戦力!ブロックチェーン技術者養成道場】
https://lounge.dmm.com/detail/469/

]]>
IOTAの基礎知識 第2回 http://www.consensus-base.com/salon/dojo-iota-20180208/ Thu, 08 Feb 2018 06:12:45 +0000 http://www.consensus-base.com/?p=2362 【導入編】2018年2月8日公開

 

IOTAの基礎知識第2回です。第1回では、IOTAの構成や運用における懸念点を説明し、開発に用いる環境のセットアップについて解説しました。

今回は、IOTAの実装のために提供されているAPIを用いたプログラムに関する解説を行います。APIの導入、プログラムの実行の手順と、その具体例をコードを交えわかりやすく解説します。

はじめに

 IOTAの基礎知識 第1回では、IOTAの構成や運用における懸念点を説明し、開発に用いる環境のセットアップについて解説しました。

 第2回では、IOTAの実装のために提供されているAPIを用いたプログラムに関する解説を行います。

記事の続きをお読みになりたい方は、下記よりお申し込みください。

参加お申し込み・詳細
DMMオンラインサロン【即戦力!ブロックチェーン技術者養成道場】
https://lounge.dmm.com/detail/469/

]]>
Ethereum技術動向:コンスタンティノープルについて http://www.consensus-base.com/salon/dojo-constantinople-20180206/ Tue, 06 Feb 2018 04:42:49 +0000 http://www.consensus-base.com/?p=2360 【最新技術動向】2018年2月6日公開

 

Ethereum は2015年のリリース当初から、開発フェーズを4段階に分けるというロードマップを描いており、次に予定されているハードフォークはConstantinople です。

今回はそのConstantinopleにおける各ポイントを解説しています。

はじめに

今回の内容

 Ethereumは2015年のリリース当初から、開発フェーズをFrontier、Homestead、Metropolis、Serenityの4段階に分けるというロードマップを描いており、現在はMetropolisの第一弾であるByzantiumの導入が終わったところです。

そして次に予定されているハードフォークがMetropolis第二弾のConstantinopleです。

今回はそのConstantinopleにおける変更点をまとめます。

記事の続きをお読みになりたい方は、下記よりお申し込みください。

参加お申し込み・詳細
DMMオンラインサロン【即戦力!ブロックチェーン技術者養成道場】
https://lounge.dmm.com/detail/469/

]]>
IOTAの基礎知識 第1回 http://www.consensus-base.com/salon/dojo-iota-20180201/ Thu, 01 Feb 2018 04:29:27 +0000 http://www.consensus-base.com/?p=2355 【導入編】2018年2月1日公開

 

今回は、2回に分け、IOTAについてご紹介します。IOTAは、Bitcoinなどに利用されてきたブロックチェーンとは異なるデータ構造をもつ、分散台帳システムです。

ブロックチェーンと比較してより非中央集権的な構造を持ち、拡張性に優れているのが特長です。

第1回では、IOTA独自のデータ構造とその問題点について説明し、IOTAの実装環境として提供されているIRIのセットアップと実行方法についてわかりやすく解説します。

はじめに

 IOTAは、Bitcoinなどに利用されてきたブロックチェーンとは異なるデータ構造をもつ、分散台帳システムです。

ブロックチェーンと比較してより非中央集権的な構造を持ち、拡張性に優れています。また、情報の基本単位としてBitに類似した3進数を用いる独自の処理体系を有しています。

特に、トランザクションに関する手数料がかからないため、マイクロペイメントなどの取引に有効です。

 第1回では、IOTA独自のデータ構造とその問題点について説明し、IOTAの実装環境として提供されているIRIのセットアップと実行方法について解説します。

 第2回では、APIを用いたプログラムについての解説をします。

記事の続きをお読みになりたい方は、下記よりお申し込みください。

参加お申し込み・詳細
DMMオンラインサロン【即戦力!ブロックチェーン技術者養成道場】
https://lounge.dmm.com/detail/469/

]]>
INFURAを用いた パブリックネットワークへの スマートコントラクトのデプロイ http://www.consensus-base.com/salon/dojo-infura-20180130/ Tue, 30 Jan 2018 05:00:08 +0000 http://www.consensus-base.com/?p=2353 【最新技術動向】2018年1月30日公開

 

今回は、Ethreumネットワークに簡単に接続できるINFURAを用いてスマートコントラクトを開発する方法を解説します。
INFURAの概要から始まり、開発のための準備、実際にテストネットへのコントラクトのデプロイの流れを実際の画面やコードを使ってわかりやすくご紹介します。

はじめに

今回は、Ethreumネットワークに簡単に接続できるINFURAを用いてスマートコントラクトを開発する方法を紹介します。

今回の内容

第1章ではINFURAの概要を説明し、第2章では開発のための準備、第3章で実際にテストネットへのコントラクトのデプロイを行います。

記事の続きをお読みになりたい方は、下記よりお申し込みください。

参加お申し込み・詳細
DMMオンラインサロン【即戦力!ブロックチェーン技術者養成道場】
https://lounge.dmm.com/detail/469/

]]>
クラウド環境へのイーサリアムの環境構築 第4回 GCPを用いたEthereum環境の構築 http://www.consensus-base.com/salon/dojo-ethereum-implementation-20180125/ Thu, 25 Jan 2018 05:32:38 +0000 http://www.consensus-base.com/?p=2348 【Ethereum実装編】2018年1月25日公開

 

新シリーズ「クラウド環境へのイーサリアムの環境構築」第4回は、GCP(Google Cloud Platform)環境にてUbuntuのインスタンスを構築し、

Gethをインストールの上テストネットワークに接続する流れを解説します。 クラウド環境に構築する上での注意点を中心に説明しています。

GCPのご紹介とGCPでのインスタンス構築の具体的な流れと手順や、テストネットワークへの接続など、実際に構築した画面を掲載し、わかりやすく紹介します。

はじめに

本コンテンツでは、Ethereum技術者として活躍するための技術習得方法についてまとめます。最終的に、Solidityでのプログラミングができるようになることを目指します。

今回は、GCP(Google Cloud Platform)環境にてUbuntuのインスタンスを構築し、Gethをインストールしテストネットワークに接続することを考えていきます。

クラウド環境に構築する上での注意点を中心に記載します。Gethのインストール方法等はすでにご存じの方がたくさんいるかもしれません。GCPの場合のポイントを中心に書こうと思います。

また、すでにGethを使ったEthereum環境構築をご存じの方は、復習だとお考えください。

記事の続きをお読みになりたい方は、下記よりお申し込みください。

参加お申し込み・詳細
DMMオンラインサロン【即戦力!ブロックチェーン技術者養成道場】
https://lounge.dmm.com/detail/469/

]]>
Ethereum技術動向: Parity Walletの脆弱性と技術的な攻撃の仕組み http://www.consensus-base.com/salon/dojo-ethereum-parity-wallet-20180116/ Tue, 16 Jan 2018 06:39:29 +0000 http://www.consensus-base.com/?p=2342 【最新技術動向】2018年1月16日公開

 

ParityWalletとは、イーサリアムのウォレットを提供する一つです。

最近、マルチシグのセキュリティハッカー達によってParityのクライアントのmultisig wallet contractの脆弱性を悪用した事件が起こりました。

今回は、その事件の概要と、ParityWalletの脆弱性、その技術的な攻撃の仕組みについて説明します。

 

はじめに

 ParityWalletとは、イーサリアムのウォレットを提供する一つです。

最近Parityチームから、マルチシグのセキュリティハッカー達によって、Parity1.5のクライアントのマルチシグ・ウォレットのコントラクトがハッキングされたということが報告されています。

記事の続きをお読みになりたい方は、下記よりお申し込みください。

参加お申し込み・詳細
DMMオンラインサロン【即戦力!ブロックチェーン技術者養成道場】
https://lounge.dmm.com/detail/469/

]]>
クラウド環境へのイーサリアムの環境構築 第3回 AWSでのParityを用いたEthereum環境の構築 http://www.consensus-base.com/salon/dojo-ethereum-implementation-20180111/ Thu, 11 Jan 2018 04:40:05 +0000 http://www.consensus-base.com/?p=2338 【Ethereum実装編】2018年1月11日公開

 

新シリーズ「クラウド環境へのイーサリアムの環境構築」第3回は、AWS環境にてUbuntuのインスタンスを構築し、Parityをインストールしテストネットワークに接続することについて解説していきます。

クラウド環境に構築する上での注意点を中心に記載しています。

AWSでのインスタンス構築の具体的な流れと手順や、テストネットワークへの接続など、実際に構築した画面を掲載し、わかりやすく紹介します。

はじめに

本コンテンツでは、Ethereum技術者として活躍するための技術習得方法についてまとめます。最終的に、Solidityでのプログラミングができるようになることを目指します。

今回は、AWS環境にてUbuntuのインスタンスを構築し、Parityをインストールしテストネットワークに接続することを考えていきます。クラウド環境に構築する上での注意点を中心に記載します。

AWSに構築したUbuntuではWebブラウザを起動することはできないため、リモート接続という技を使って、ParityのUI画面インタフェースを使うことを考えます。

記事の続きをお読みになりたい方は、下記よりお申し込みください。

参加お申し込み・詳細
DMMオンラインサロン【即戦力!ブロックチェーン技術者養成道場】
https://lounge.dmm.com/detail/469/

]]>
Ethereum技術動向:ハードフォークの歴史 http://www.consensus-base.com/salon/dojo-ethereum-hardfork-history-20180109/ Tue, 09 Jan 2018 04:35:45 +0000 http://www.consensus-base.com/?p=2319 【最新技術動向】2018年1月9日公開

 

Ethereumは2015年のリリース当初より、直近で2017年10月までフェーズを4段階に分けて開発を進めてきており、Microsoftなどの大企業との連携も話題になりました。

今回お話するハードフォークとは、互換性の無いアップデートのことです。 EthereumはBitcoin等とは違ってハードフォークを積極的に採用しています。

今回は、Ethereumの技術動向として、ハードフォークの歴史とそれぞれの特徴について説明します。

はじめに

今回の内容

 Ethereumは2015年のリリース当初から、開発フェーズを1.Frontier、2.Homestead、3.Metropolis、4.Serenityの4段階に分けるというロードマップを描いており、スマートコントラクトという画期的な機能が注目され、Microsoftなどの大企業との連携も話題になりました。

 今回お話するハードフォークとは、互換性の無いアップデートのことです。ハードフォークが行われると今までのブロックチェーンから互換性の無いブロックチェーンに分岐して別のブロックチェーンができあがります。EthereumはBitcoin等とは違ってハードフォークを積極的に採用しています。以下、ハードフォークの歴史と特徴をまとめます。

記事の続きをお読みになりたい方は、下記よりお申し込みください。

参加お申し込み・詳細
DMMオンラインサロン【即戦力!ブロックチェーン技術者養成道場】
https://lounge.dmm.com/detail/469/

]]>