金融機関向けブロックチェーン・ビジネス

2015年10月1日20時より行われた「第2回金融向けブロックチェーン勉強会」にて、弊社代表の志茂が、「金融機関向けブロックチェーン・ビジネス」という内容でプレゼンテーションを行いました。

金融関連(銀行、証券、コンサル)とブロックチェーン関連の方々で15名近くが参加し、プレゼンテーションと議論が行われました。

R3 CEVと世界的な大手銀行22行のニュースにより、金融機関のブロックチェーン技術に注目が集まる中、実際に金融でどのようにブロックチェーンを利用できるかについてと、実際にビジネスに利用しようとした場合の問題点を、弊社の経験からお話致しました。

参考: 三菱UFJフィナンシャル・グループも参加したR3 CEV + 世界的金融機関22行の記事。
三菱UFJフィナンシャルが参加表明したブロックチェーングループ、参加22行の取り組みとスタンスについて | ビットコインニュースのBTCN

プレゼンテーションの内容は、下記スライド、動画を参考にして下さい。

皆さんによる議論では、国内ブロックチェーンのプロダクトのMijin, orbの話から、分散型データベースとはどう違うのか?、どの分野からブロックチェーンを適応していくのがいいのかなどが議論されました。
特に、法定通貨である日本円を暗号通貨として発行する話は重要であると思います。日本円をブロックチェーン上でエスクローする話、日本円をプログラミングができるようになる話、マイナス金利をつけられる話、透明性ある資金運用ができる話、税金のトラッキングができる話は非常に興味深いかと思います。

プレゼンテーションのスライド

プレゼンテーションに利用したスライドはこちらです。


YouTube動画

YouTubeの動画は以下です。
志茂のプレゼンテーションは、28分50秒から始まります。