ブロックチェーン技術専門コンサル・開発企業

オンラインサロン ブロックチェーン技術者養成道場

  • HOME »
  • オンラインサロン ブロックチェーン技術者養成道場

Solidityでセキュアなコードを書く 第2回

新シリーズ「Solidityでセキュアなコードを書く」の第2回目、今回はassert()とrequire()について解説します。 また、その他書き方や考慮すべきことなど、いくつか注意点についてまとめます。

Ethereum技術者養成企画 第9回 MetaMask編

今回はTruffle第2回、Google Chromeの拡張機能「MetaMask」の使用方法について解説します。Metamaskは秘密鍵の管理やトランザクションを容易にするもので、開発を助けるものになります。testrpcの導入については前回記事を参考に、イーサの送付までをまとめます。

Solidity向けのセキュリティとlintツールの使い方

先日から始まった「Solidityでセキュアなコードを書く」に関連し、今回はSolidityのテスト、監査用ツールについて解説します。 第1章ではOyente、Solgraphなどのセキュリティツール、第2章ではSolium、SolintなどのLintについて説明します。 ツールの概要、コマンドの実行についてや、エラーがある場合などの事例をご紹介しています。

スマートコントラクト 開発環境まとめ

当サロンでは、Ethereumスマートコントラクト開発に関する記事を多く公開してきました。 それに伴い、今回はSolidity に絞ったTruffle、Remixなど、Etherまわりの開発環境について特徴を解説します。 それぞれの詳細を書いた記事も紹介しています。

Solidityでセキュアなコードを書く 第1回

新シリーズ「Solidityでセキュアなコードを書く」(全3回)を開始します。 Solidityでセキュアなコードの書き方の基礎について解説します。 今回は基本的な考え方についてです。

Ethereum技術動向:Byzantium ハードフォーク

第10回は、Ethereumに関連した「Byzantium ハードフォーク」についてです。 今回は数あるByzantiumハードフォークによるアップデート内容のうち、主にDApp開発者に関係のある項目を解説します。

Ethereumについて 第5回 Ethereumの今後の展望と関連技術や実装編

前回(第4回 8/24投稿)に引き続き、Ethereumの基礎的な事項についてです。 今回は、Ethereumの今後の展望、および関連技術や実装部分について、お届けします。Ethereum以外のプライベート実装(Monax(旧Eris)、Ethermintなど)にも触れています。

Ethereum技術者養成企画 第8回 Web3.jsについて(4)

Ethereumでの技術者養成としてweb3.jsのご紹介の4回目。 今回はweb3.jsについて、subscribeやevent、utilityなどを取り上げます。utility関数の中では、randomHexとsoliditySha3について触れています。

Ethereum技術者養成企画 第7回 Truffle 概要編 (1)

今回はTruffleの概要とインストールついて説明します。 Truffleとは、Consensysによって開発されたフレームワークで、スマートコントラクト開発に必要不可欠なものになっています。Truffleのマイグレーションについても触れます。

Ethereum技術者養成企画 第6回 Web3.jsについて(3)

Ethereumでの技術者養成としてweb3.jsをのご紹介の3回目。 今回は、web3.jsを使ったコントラクトのデプロイ、メソッドの実行、トランザクションの確認について解説します。

1 2 3 4 »
  • facebook
  • twitter

採用情報

現在募集中の職種はこちら
Wantedly での募集一覧は こちら
PAGETOP
Copyright © コンセンサス・ベイス株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.